日本で数人しかいない、数千件の実績のある担当者が直接対応。事業譲渡のことならM&A東京におまかせ

事業売却の相場はどれくらい?事業価値の計算方法と高くする方法を解説

事業売却の相場

事業売却を検討する際、まず気になるのが「売却価格はどれくらいになるのか?」という点です。

事業売却の相場は、業界や事業の特性、経済状況などによって大きく異なります。

また、適正な事業価値を算出し、できるだけ高い価格で売却するためには、正しい評価方法と戦略的なアプローチが欠かせません。

本記事では、事業売却の相場の決まり方から、具体的な事業価値の計算方法、さらに事業価値を相場よりも高くするための方法について詳しく解説します。

これから事業売却を考えている経営者やビジネスオーナーにとって、実践的な情報を提供するのでぜひ参考にしてください。

目次

事業売却の相場はどれくらいか?

事業売却の相場は、業種や事業規模、収益性、成長性など多くの要因によって異なります。一般的には、以下のような指標が事業売却の相場を判断する際に用いられます。

業界ごとの平均倍率

事業売却の価格は、売上や利益に対する倍率(マルチプル)で表されることが多いです。

この倍率は業界によって大きく異なります。例えば、成長著しいIT業界や医療分野では高い倍率が適用される傾向があります。

具体的には、売上の3倍から5倍、利益の10倍以上といった事例が見られます。一方、成熟期にある製造業などでは、これらの倍率は低くなる傾向があります。

市場の状況

経済状況や業界のトレンドも事業売却の相場に影響を与えます。

例えば、経済が好調な時期には事業価値が高く評価されやすくなり、買収意欲も高まります。逆に、経済が低迷している時期には、買い手が慎重になり、事業売却の相場も下がることが一般的です。

事業の具体的な状況

売却対象の事業自体の状況も相場を大きく左右します。事業の収益性、成長性、競争力、財務健全性などが高ければ高いほど、売却価格は上昇します。

また、事業の独自性や市場でのポジションも重要な要素となります。同業他社との比較で優位性があれば、相場より高い価格での売却も期待できます。

具体的な相場を知るためには、同業他社の売却事例や専門家のアドバイスを参考にすることが重要です。

専門のM&A仲介会社に相談することで、最新の相場情報や適切なアドバイスを得ることができます。

事業価値の計算方法

事業価値の計算方法にはいくつかの代表的な手法があり、それぞれに特徴と適用場面があります。ここでは、主な計算方法について詳しく解説します。

DCF法(割引キャッシュフロー法)

DCF法は、将来にわたって予測されるキャッシュフローを現在価値に割り引いて事業価値を算定する方法です。以下のステップで計算が進められます。

  • フリーキャッシュフロー(FCF)の算定:営業利益から税金、設備投資、運転資本の増減を差し引いて算出します。
  • 割引率の設定:割引率は資本コストを基に計算され、リスクプレミアムや無リスク金利などを考慮します。
  • ターミナルバリューの計算:事業計画の最終年度以降のキャッシュフローを計算し、永久成長率を適用して算出します。
  • 現在価値の算出:各期のキャッシュフローとターミナルバリューを現在価値に割り引き、合計して事業価値を求めます。

時価純資産法

時価純資産法は、事業の資産価値から負債を差し引いて事業価値を評価する方法です。この手法は特に資産価値が高い事業に適しています。具体的には、以下の手順で行われます。

  • 資産の時価評価:貸借対照表上の資産を時価に再評価します。
  • 負債の時価評価:同様に、負債も時価で評価します。
  • 純資産の算出:資産の時価総額から負債の時価総額を差し引いて純資産を求めます。

マルチプル法(類似会社比較法)

マルチプル法は、類似した事業を持つ企業の市場価値を基に自社の事業価値を評価する方法です。主に次のステップで行われます。

  • 類似企業の選定:業種や規模、成長性が類似する企業を選びます。
  • 財務指標の収集:選定した企業の財務指標(売上高、営業利益、EBITDAなど)を収集します。
  • 倍率の適用:これらの指標に対して、市場での取引倍率を適用して事業価値を算出します。

これらの方法は、それぞれにメリットとデメリットがあり、事業の特性や状況に応じて適切な手法を選択することが重要です。

専門家のアドバイスを受けることで、より正確な事業価値の算定が可能になります。

事業の売却価値を相場より高くする方法

事業を売却する際に、その価値を相場より高く評価してもらうためには、いくつかのポイントがあります。以下に、その具体的な方法を詳しく解説します。

1. 収益性の向上

売却前に収益性を改善することで、事業価値を高めることができます。

具体的には、コスト削減や売上拡大のための施策を講じることが重要です。

例えば、効率的な運営を図るためのプロセス改善や、新規顧客の獲得、既存顧客のリピート率向上などが挙げられます。

収益性の高い事業は買い手にとって魅力的であり、高い評価を受けやすくなります。

2. 財務状況の健全化

財務状況が健全であることも、事業価値を高める重要な要素です。

負債の削減やキャッシュフローの改善、適切な資産管理を行い、財務体質を強化することが求められます。

特に、負債比率の低下や運転資本の効率化を図ることで、買い手に安心感を与え、評価を高めることができます。

3. 独自性と競争力の強化

事業の独自性や競争力を強化することも、売却価値を高めるために重要です。

例えば、独自の技術やブランド力、特許や知的財産権などを活用し、他社にはない強みをアピールすることが効果的です。

また、市場でのシェアを拡大し、競争力を高めることで、買い手にとって魅力的な事業として認識されるでしょう。

4. 組織体制の整備

組織体制を整備し、事業の運営がスムーズに行われていることを示すことも、評価を高めるポイントです。

具体的には、優秀な人材の確保や育成、適切なガバナンス体制の構築、業務プロセスの標準化などが挙げられます。

特に、キーマンとなる社員がしっかりと業務を遂行できる体制を整えておくことが重要です。

5. 将来の成長性のアピール

買い手に対して、事業の将来の成長性をアピールすることも、評価を高めるために重要です。

市場の成長見通しや事業拡大の計画、新規プロジェクトの進捗状況などを具体的に示し、買い手に将来のビジョンを共有することが求められます。

特に、具体的なデータや実績を基にした成長予測を示すことで、買い手に安心感を与えることができます。

これらのポイントを踏まえ、事業売却の準備を進めることで、相場よりも高い価格での売却を実現する可能性が高まります。

専門家のアドバイスを受けながら、戦略的に売却価値を高める施策を講じていくことが大切です。

まとめ

事業売却の成功には、正確な情報と戦略的な準備が欠かせません。この記事では、事業売却の相場、価値の計算方法、そして売却価値を高めるためのポイントについて解説しました。

  • 事業売却の相場は業界や経済状況、事業の特性によって大きく異なる。
  • 事業価値の計算方法には、DCF法、時価純資産法、マルチプル法などがあり、それぞれに特徴と適用場面がある。
  • 事業価値を高めるためには、収益性の向上、財務状況の整理、事業の独自性強化が重要。
  • 事業売却の成功には、事前準備と市場調査が不可欠である。
  • 専門家のアドバイスを活用することで、より正確な事業価値評価とスムーズな売却が可能となる。

事業売却は、企業の将来を左右する重大な決断です。適切な準備と情報を持って進めることで、より良い結果を得ることができます。事業売却の際に、事業価値を見積もるのは簡単なことではありません。より適切に評価をしたいという場合には、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

豊富な実績を持つM&A東京は、
どんなお悩みにも真摯にサポートいたします。

ご質問やお悩みがあれば
お気軽にお問い合わせください。
秘密厳守にてご対応いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら

Tel:050-5530-6943

電話受付時間: 平日9:00~17:00(土日祝日休み)

LINEでのお問い合わせはこちら